• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

Commit

Tags
No Tags

Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-ccocoa誰得qtrubybathyscaphegamewindowspythonphpguic翻訳omegattwitterframeworkbtronarduinovb.net計画中(planning stage)directxpreviewertestゲームエンジンdom

Commit MetaInfo

Revision66d3f7f99a6a503be3c80f3f80b8157b033ab076 (tree)
Time2017-06-30 14:47:53
AuthorMichio Matsuyama <matsuand@debi...>
CommiterMichio Matsuyama

Log Message

Modify some.

Change Summary

Incremental Difference

--- a/src/Makefile.am
+++ b/src/Makefile.am
@@ -3,8 +3,8 @@ TIDY = tidy
33 XALAN = xalan
44 XSLTPROC = xsltproc
55 XSLTPROC_FLAGS = --stringparam chunker.output.encoding UTF-8
6-XMLDIRS = prologue techs words
7-XMLSRCS = index.xml $(foreach XMLDIRS,$(XMLDIRS),$(wildcard $(XMLDIRS)/*.xml))
6+XMLDIRS = prologue syntax words
7+XMLSRCS = $(srcdir)/index.xml $(foreach XMLDIRS,$(XMLDIRS),$(wildcard $(srcdir)/$(XMLDIRS)/*.xml))
88 XSLSRCS = $(foreach dir,$(dirs),$(wildcard $(dir)/*.xsl))
99 OUTPUT = ../output
1010
--- a/src/Makefile.in
+++ b/src/Makefile.in
@@ -182,8 +182,8 @@ TIDY = tidy
182182 XALAN = xalan
183183 XSLTPROC = xsltproc
184184 XSLTPROC_FLAGS = --stringparam chunker.output.encoding UTF-8
185-XMLDIRS = prologue techs words
186-XMLSRCS = index.xml $(foreach XMLDIRS,$(XMLDIRS),$(wildcard $(XMLDIRS)/*.xml))
185+XMLDIRS = prologue syntax words
186+XMLSRCS = $(srcdir)/index.xml $(foreach XMLDIRS,$(XMLDIRS),$(wildcard $(srcdir)/$(XMLDIRS)/*.xml))
187187 XSLSRCS = $(foreach dir,$(dirs),$(wildcard $(dir)/*.xsl))
188188 OUTPUT = ../output
189189 all: all-am
--- a/src/index.xml
+++ b/src/index.xml
@@ -9,19 +9,8 @@
99 <xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="prologue/bookinfo.xml"/>
1010 <xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="prologue/preface.xml"/>
1111
12-<part id="part_trans_tech">
13-<title>翻訳の技法</title>
14-<?dbhtml filename="part_trans_tech.html"?>
15-
16-<xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="techs/ch_syntax.xml"/>
17-</part>
18-
19-<part id="part_trans_real">
20-<title>訳出の実際例題</title>
21-<?dbhtml filename="part_trans_real.html"?>
22-
23-<xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="words/chapter.xml"/>
24-</part>
12+<xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="syntax/ch_syntax.xml"/>
13+<xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="words/ch_words.xml"/>
2514
2615 <index/>
2716
--- /dev/null
+++ b/src/syntax/ch_syntax.xml
@@ -0,0 +1,13 @@
1+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
2+<!DOCTYPE chapter PUBLIC "-//OASIS//DTD DocBook XML V4.5//EN"
3+ "http://www.oasis-open.org/docbook/xml/4.5/docbookx.dtd">
4+
5+<chapter id="ch_syntax" xreflabel="英文法から見た訳し方">
6+ <?dbhtml dir="syntax"?>
7+ <?dbhtml filename="ch_syntax.html"?>
8+
9+ <title>英文法から見た訳し方</title>
10+
11+ <xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="passive_voice.xml"/>
12+
13+</chapter>
--- a/src/techs/ch_syntax.xml
+++ /dev/null
@@ -1,13 +0,0 @@
1-<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
2-<!DOCTYPE chapter PUBLIC "-//OASIS//DTD DocBook XML V4.5//EN"
3- "http://www.oasis-open.org/docbook/xml/4.5/docbookx.dtd">
4-
5-<chapter id="ch_syntax" xreflabel="単語別の訳出例">
6- <?dbhtml dir="techs"?>
7- <?dbhtml filename="ch_syntax.html"?>
8-
9- <title>単語別の訳出例</title>
10-<!--
11- <xi:include xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude" href="sect1adj.xml"/>
12--->
13-</chapter>
--- a/src/words/adj_another.xml
+++ b/src/words/adj_another.xml
@@ -38,8 +38,8 @@
3838 <blockquotetrans>
3939 <attribution></attribution>
4040 <para>
41- Samba のおかげで Windows 98 は、正当な SMB サーバーとして Unix サーバーを見ています。
42- またネットワークフォルダをあたかも<emphasis role="bold">別の</emphasis>システムフォルダであるかのようにアクセスすることができます。
41+ Samba のおかげで Windows 98 は、正当な SMB サーバーとして Unix サーバーを見ている。
42+ またネットワークフォルダをあたかも<emphasis role="bold">他の</emphasis>システムフォルダであるかのようにアクセスすることができる。
4343 </para>
4444 </blockquotetrans>
4545
@@ -51,7 +51,7 @@
5151
5252 <para>
5353 この直訳、採点はゼロです。
54- another の意味が分かっていないのか、「別の」という訳語でいつもやり過ごしているのか。
54+ another の意味が分かっていないのか、「他の」という訳語でいつもやり過ごしているのか。
5555 分かっていないから原文と訳文で意味が異なってしまっているのに気付かないのです。
5656 でも日本語としてもオカシイんですよ。
5757 それも気付きませんか?
@@ -60,22 +60,22 @@
6060 <para>
6161 Samba の世界に入って解説します。
6262 Windows クライアントが Unix サーバーに簡単にアクセスできるわけです。
63- そしてエクスプローラ上には、Unix サーバー上のディレクトリがローカルフォルダと同じように表示されアクセスできるわけです。
64- そのときに「<emphasis role="bold">別の</emphasis>システムフォルダであるかのように ...」ってどういうことですか?
63+ そしてエクスプローラ上には、Unix サーバーのディレクトリがローカルフォルダと同じように表示されアクセスできるわけです。
64+ そのときに「<emphasis role="bold">他の</emphasis>システムフォルダであるかのように ...」ってどういうことですか?
6565 変ですよ。
6666 「ローカルディレクトリであるかのように(ローカルディレクトリと何ら変わらない操作感で) ...」ということが言いたいわけですよ。
67- それなのになんで「<emphasis role="bold">別の</emphasis>システムフォルダ」なんですか?
67+ それなのになんで「<emphasis role="bold">他の</emphasis>システムフォルダ」なんですか?
6868 </para>
6969
7070 <para>
7171 another に似た単語に other があります。
7272 この違いを覚えましょう。
7373 どこかに書いてありました。
74- 「さあ、次の酒は何にする?」と聞かれて、Other one と答えたら「(これまで飲んでいたものとは)別のやつを行こうか」ということ。
75- Another one と答えたら「(今まで飲んでいたものと同じものを)もう一杯もらおうか」ということです。
76- これが another を訳すつぼです。
74+ 「さあ、次の酒は何にする?」と聞かれて、The other one と答えたら「(これまで飲んでいたものとは)別のやつを行こうか」ということ。
75+ Another one と答えたら「(今まで飲んでいたものと同じものを)もう一杯もらおうか」ということだそうです
76+ これが another を訳すコツです。
7777 <emphasis>another</emphasis> system folder といえば「いつもと同じ、いつもと変わらない(だけど中身は違う)システムフォルダ」ということです。
78- 別ではありません。同じものです。
78+ 別ものではありません。似たようなもの、同じようなものです。
7979 </para>
8080
8181 </sect3>
@@ -96,4 +96,19 @@
9696
9797 </sect3>
9898
99+ <sect3 id="sect3-words-auxverb-should-example">
100+
101+ <title>訳例いろいろ</title>
102+
103+ <para>
104+ Let's take another look at this configuration file, this time from a higher level:
105+ (<citetitle pubwork="book">Using Samba</citetitle>、一部省略)
106+ /
107+ 設定ファイルに関して引き続き進めていく。今回はもう少し詳しく見ていくことにする。
108+ (<emphasis role="bold">別の</emphasis>視点で見ていくのではありません。
109+ 同じ視点ながらより詳しく見ていくのです。)
110+ </para>
111+
112+ </sect3>
113+
99114 </sect2>
--- a/src/words/chapter.xml
+++ b/src/words/ch_words.xml
@@ -4,7 +4,7 @@
44
55 <chapter id="chapter-words" xreflabel="語句別の訳出例">
66 <?dbhtml dir="words"?>
7- <?dbhtml filename="chapter.html"?>
7+ <?dbhtml filename="ch_words.html"?>
88
99 <title>語句別の訳出例</title>
1010