Download List

Sponsored link

Project Description

クライアント・サーバー型日本語入力システム「かんな」の保守、開発を行うプロジェクトです。

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2003-12-12 20:34
canna 3.7 (1 files Hide)

Release Notes

主な変更点は次の通りです。

・辞書に様々な改良を加えました。
・バイナリ辞書の形式が変わりました。以前の形式の辞書もマウントできますが、
新しく作った辞書は古いサーバではマウントできません。なお、mkbindicに-c 3.0
というオプションを与えると、3.5/3.6でも(3.2でも?)マウントできる辞書を
生成できます。
・canuumが補助ライブラリlibsptを利用するようになりました。
http://www.j10n.org/libspt/
からダウンロードできます。詳しくは、canuum/README.jpを参照してください。
・ローマ字仮名変換やユーザーインターフェースに関係ない、サーバとの接続に
関する設定を独立して行うため、rkc.confという新しい設定ファイルを導入
しました。詳しい構文などはRKCCONF.jpで説明しています。
・(setq chikuji-continue nil)としておかないと(setq renbun-continue nil)
が効かない問題を修正しました。renbun-continueのデフォルト値はnilでしたが、
tであるかのように動作していたため、この修正に伴いrenbun-continueのデフォルト
値をtに改めました。
・ワイドキャラクタAPIを変更しました。現在のところ、コンパイル時に無効にしない
限り、古いAPIも利用できますが、できるだけ新しいAPIを利用してください。
・実験的な64ビットサポートを追加しました。CCやCCOPTIONSを適切に設定して、64
ビット用のコンパイラを呼び出すようにすると、64ビットで動作する実行ファイルが
作られるはずです。
・その他、さまざまな潜在的な問題を修正しました。

詳しくは同梱のCHANGES.jpとChangeLogを参考にして下さい。

Changelog

No Changelogs