Tags
No Tags

Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-ccocoa誰得qtrubybathyscaphegamephpguicwindows翻訳pythonomegattwitterframeworkbtronarduinovb.net計画中(planning stage)directxpreviewertestゲームエンジンdom

Recent Chamber Activity

2019-08-12
2019-07-30
2019-07-24
2018-11-14

Recent Wiki Changes

2019-07-30

Wiki Guide

Side Bar

EmuZ-2000/emz2000 TF-Edition - SHARP MZ-2000/MZ-2200/MZ-80B/MZ-80B2 Emulator エミュレータ

  • R/O
  • R/O (HTTP)
  • R/W (SSH)
  • R/W (HTTPS)
Fork

SHARP MZ-2000/MZ-2200/MZ-80B/MZ-80B2 Emulator エミュレータとCP/MやTF-DOS等のソフトウエア (for Windows/UNIX(Linux))

これは、Windows PCとUNIX(Linux)で動作する、 SHARP MZ-2000/MZ-2200/MZ-80B/MZ-80B2のエミュレータです。 エミュレータ上で動作する自作OS(TF-DOS、X1やPC8001mk2/8801、MZ-700/1500でも動作)や自作CP/M、いくつかのアプリケーション、実機用パッチもあります。

エミュレータに関する詳細は、http://fukui.s17.xrea.com/comp/progs/mz20emu.html を参照してください。 他のソフトウエアに関しては、http://fukui.s17.xrea.com/comp/index.html から説明を探してください。

動作環境/開発環境

・Windows版
Microsoft Windows 10/8.1/8/7/VISTA/XP/2000かそれ以降 (IA32 and x64)
Microsoft Visual C++ 6.0 SP6 Enterprise or Professional Edition (C,C++ WIN32API,DirectX7)

・UNIX版
Linux/i386 Kernel 2.6.32以降 (他のUNIXでは改造する必要あり、IA32とx64、ARM-EL以外動作未確認)
GNU C-Compiler
GTK 3 + ESD互換環境(PulseAudio等) + libgif (screen shotのgif出力サポート時のみ)
(Ubuntu 18.04以降、 libesd が提供されなくなったので、 esound-extadd-howto-*.tgz に libesd を用意する方法を記述してあります)

ライセンス

エミュレータの元になったWindows版のソースとプラグインはWeb上にて公開されていたものですが、著作権が明確になっておりませんので、 このプロジェクトにはそのようなソースが含まれています。
私の理解では、私の作業部分と、常岡さん作業部分、粕川さんのLinux版エミュレータがPublic Domainで、他はライセンス不明です。
エミュレータ以外のOS(TF-DOS、CP/M)やアプリケーション、実機用パッチはPublic Domainですが詳細はHTMLのドキュメントを参照してください。 また、バイナリにはコンパイラのランタイムルーチンが含まれていることがありますのでご注意ください。

エミュレータ本体のライセンス

本ソフトウエアはフリーソフトウエアです。 使用方法に制限はありませんが、無保証で何の責任も負いません。
ただし、以下については元々フリーソフトウエアでかつWeb上にて公開されていたものですが、 ライセンスの詳細が不明であり、作者に許可を取ってもいませんのでご注意ください。 なお、EmuZ-2000に関しては、公開ソースを元にUNIX版を開発することについては、 ソースが公開される前に許可をもらっていました。

・EmuZ-2000 Ver.0.400リリース候補版のソースプログラムとBMPフォントファイル
・EmuZ-2000 Ver.0.470から取り出したアイコン
・X1 Emulator X-Millenniumから拝借したFDシークの効果音

Windows版のGUIやDirectX等の画面周りがEmuZ-2000のコードベースです。プラグインやステートファイルのインポート機能も互換のためにコードが使用されています。それ以外は、Z80コアのバグフィックス以外は残っていないはずです。 UNIX版はプラグインと後者のみとなります。詳細は、ソースの最初のコメントにも記述してあります。
これは、公開されていてベースとしたEmuZ-2000のVer.0.400リリース候補版以降に多くのバグが修正されていること等が理由で、 エミュレータとしての完成度を上げた結果、結果的になくなってしまったことにあります。

プラグインのライセンス

本ソフトウエアはフリーソフトウエアです。 使用方法に制限はありませんが、無保証で何の責任も負いません。
ただし、各プラグインは、Web上にて公開されていたものをまとめて多少の変更を行ってコンパイルしたものですから、 プラグインの著作権は、個々の作者が保持しています。(常岡さんのプラグインと私の開発したものはPublic Domain、他はライセンス不明)

関連ツールのライセンス

本ソフトウエアはフリーソフトウエアです。 使用方法に制限はありませんが、無保証で何の責任も負いません。
ただし、D88 Utility、GET1R13のオリジナルのライセンスは不明です。 著作権はオリジナルの作者が保持しています。

リリースファイル (Release Files)

以下は、最後にアップデートしたファイルが表示されます。 すべてのファイルを参照するためには、上のメニューのダウンロードを選択してください。

FilenameSizeTimeDownload count
emz2000-tf0.95.12.tgz535.9 k2019-08-12 09:44:5012
emuz2000_tf0_95_6.zip479.46 k2019-08-12 09:44:4924
emuz2000src_tf0_95_6.zip239.83 k2019-08-12 09:44:476
emz2000-tf0.95.11.tgz528.36 k2019-08-12 09:44:10224
emuz2000src_tf0_95_5.zip232.57 k2019-08-12 09:44:05211
emuz2000_tf0_95_5.zip481.9 k2019-08-12 09:43:59792
GET1R13_MZ2080B_V1_00.zip8.74 k2019-07-24 08:52:3013
esound-extadd-howto-20181110.tgz506.46 k2018-11-10 08:41:53104
tfdos_doc-20180822.zip108.12 k2018-08-22 15:15:28157
tfdos_doc-20111031.tgz84.36 k2018-08-22 15:00:20119

実機用パッチについて

Patchディレクトリの中に実機用のパッチがあります。 これは、C-DOSのパッチ、3.5'FDD用パッチ、シークタイムのパッチです。 MZへ3.5'FDDを接続した時やMZ-2500の内蔵3.5'FDDで2000系のFDソフトウエアの多くは動作しないので、動作するようにするためのパッチです。

リンク集 (Links)

http://fukui.s17.xrea.com/comp/progs/mz20emu.html ... SHARP MZ-2000/2200/80B/B2 Emulator "emz2000/EmuZ-2000" TF-Edition
EmuZ-2000 TF-Editionのweb。詳細説明や関連リンク集はこちらをご覧ください。

http://fukui.s17.xrea.com/comp/ ... T.Fukui's Classic PC Web
EmuZ-2000 TF-Editionやここの各種ツール、イメージ、その他を含む私のClassic PCに関するWeb。