最近の更新 (Recent Changes)

2019-09-06
2016-10-22
2015-05-11

解決できない問題

●匿名氏によるバグ報告:TS_PLOT_CorporatePromotion_1を見るに、Msg7にてHarpyを渡すという台詞に対して、実際にはMaanjiが支給されているように思います。
         Harpy が正しいのか、Maanji が正しいのか、不明。
         関連:
                スレ3号機788氏
                スレ5号機645氏
                本家フォーラム gearheadrpg.com/forum/index.php?action=vthread&forum=4&topic=316&page=0#msg3787
                本家フォーラム gearheadrpg.com/forum/index.php?action=vthread&forum=3&topic=559&page=0#msg6136
        と、何度も同じ話が出ているが、結論が出ていない。
         本家Wiki では記述が間違っていて、本来の Branch Director の説明が無い。
                Wikiの「Branch Director」→記述されているのは「Vice President」の内容
                Wikiの「Vice President」→記述されているのは「Vice President」になった後の報酬
         2005年09月の v0.909時点で、既にそうなっている模様。
         PV をみると、Daum→Jos→Harpy は各3倍だが、Daum→Jos→Maanji は各50万前後ずつ増。
         あと Maanji の左右のスラスターのクラスが違ってる話も出ている。
→ キリがないので、独断で「企業報酬なら自社製品だろう」と言う事で、Maanji に統一。
→ その前の報酬で Jos を渡されるが、Maanji の説明に「Jos の僚機」って書いてあるし。
→ あとスラスターも勝手に左右統一。Jos が arm 4, leg 5 だったので Maanji は arm 5, leg 6 にした。

●TS_XRAN_aUF-_DoctorKim.txt:177:GoDelete
        英語版135行目:S= 101 1 AdvancePlot 0
        日本語版177行目:S= 101 1 S= 105 -1 N= 3 E3 AdvancePlot 0
        このシナリオの失敗パターン(1):事情を聞かずにプロット消滅
        このシナリオの失敗パターン(2):事情を聞いたが救出に行かず
        このシナリオの失敗パターン(3):事情を聞いて救出に行ったが失敗
        英語版:「事情を聞かずにプロット消滅」と「事情を聞いたが救出に行かず」が等価。
        日本語版:「事情を聞いたが救出に行かず」と「事情を聞いて救出に行ったが失敗」が等価。
→ 日本語版でシナリオ変更になった経緯も理由も不明だが、これ以上追究しようも無いので、このままでいいや。

●キャラクタ属性:Assertive
        Sociable の間違いか?(未確認)。
        でも、スレ6号機40氏の遭遇目撃談がある。
        でもでも、Element <> に該当する NPC が見つからない。
→ Fri,01 Aug,2008:キリがないので、独断で Sociable に統一。
→ スレ6号機 794氏:>>40で言及されてるNPCはPatchの事じゃないか?
→ スレ6号機 794氏:こいつが特にPLOT_StudentProtest.txtに出張るということはなかったはずなので、
→ スレ6号機 794氏:結局、対応するキャラクターがおらず、放置されてるんだと思う。
→ スレ6号機 794氏:それと、プロットの内容と既存のsociableなNPCを比べると、やっぱりAssertiveで通した方がよさそう。
→ スレ6号機 794氏:ElishaねーさんとかTuring、Forager等とは、ベクトルが違う性格じゃないかな。
→ Tue,24 Mar,2009:Assertive に戻した。対応するキャラがいないので、PLOT_StudentProtest.txt は起きなくなります。

●キャラクタ属性:Hopeless
        Wangtta の間違いか?(未確認)。
        もっとも、ソースコード内のコメントだけなので、影響は無い。
→ キリがないので、独断で Wangtta に統一。