Download List

Sponsored link

Project Description

SyLは、PHP(4>=4.3.x or 5)言語による独自DIコンテナをベースとしたフレームワークで、WEBアプリケーションフレームワーク/JavaScript出力フレームワーク/コマンドラインフレームワークの3つで構成されます。

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2009-02-14 13:42
syl 0.16.1 (1 files Hide)

Release Notes

No Release Notes

Changelog

;-----------------------
; VERSION: 0.16.1
;-----------------------

framework/core/SyL_Config.php
・設定ファイルが存在しない場合、キャッシュロジックを実行しないように変更

framework/core/Adm/Flow/SyL_AdmFlowIndex.php
・ADMのメニュー用のファイル追加

framework/core/Adm/Flow/SyL_AdmFlowLst.php
opt/scaffold/var/templates/Lst.html
・ADMのメニューに戻るリンク追加

framework/core/Config/SyL_ConfigAdms.php
・adms.xml 用の設定ファイル取得クラス追加

framework/core/Config/SyL_ConfigDefines.php
・setConfigFiles メソッドを親クラスに移動

framework/lib/Http/SyL_HttpClient.php
・不要なデバック文削除

bin/scaffold.php
opt/scaffold/apps/generate/actions/Adm.php
opt/scaffold/apps/generate/actions/Base.php
・Adm基本メニュー画面と設定ファイルを作成する base タイプ追加
・アクションディレクトリを指定(-a)を必須に変更

opt/scaffold/var/templates/Index.html
opt/scaffold/var/templates/Index.php
opt/scaffold/var/templates/config/adms.xml
・Adm基本メニュー画面と設定ファイルのテンプレートを追加

opt/scaffold/var/templates/smarty/*
・使用頻度が低いので ADM の Smarty テンプレート削除

opt/scaffold/var/templates/Form.php
・ADMのメニューリスト用に、SyL_AdmActionForm クラスの struct 設定値に summary 追加