Download List

Sponsored link

Project Description

Simple, lightweight but featureful, and easy-to-use e-mail client. It provides intuitive user-interface and fast operation.

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2012-06-29 13:16
Sylpheed (Windows) 3.2 (2 files Hide)

Release Notes

In this release, the interface for attachments was refined.
Other usability improvements were also made.
Windows version now supports IPv6 protocol again.
SylFilter is supported as the default junk mail filter.
Many other improvements and bugfixes have been also made.

このリリースでは、添付ファイルのインタフェースが刷新されました。
また、その他の使い勝手の向上が図られました。
Windows 版で IPv6 プロトコルが再びサポートされました。
SylFilter が標準の迷惑メールフィルタとしてサポートされるようになりました。
その他多数の改良と、不具合の修正が行われています。

Changelog

  • New features
    • Each attachments on the message view now have graphical label and popup menu.
    • The UI for Attachments tab was changed to save the space. Users now also can do 'Save all' without switching the view.
    • The 'show_attach_tab' option (without UI), which reverts the attachments interface to the old one, was added.
    • Multiple keywords search of the quick search was implemented.
    • The context menu of the folder view and the summary view can be popped up using Menu key or Shift+F10.
    • Win32: IPv6 support was enabled again.
    • Win32: SylFilter is now also included in the installer. The default junk commands were also changed to sylfilter.
    • Win32: an option to play sound when new messages arrive was added.
    • Win32: The file selector now follows Windows shortcut (.lnk).
  • Improvements
    • Number of maximum characters per line of configuration files was increased.
    • Compose window will not be closed if saving of message to outbox failed.
    • Sender's e-mail address became not guessable from generated Message-Id.
    • New plug-in APIs were added.
    • 'Account Preferences - Advanced - Put deleted messages in' account setting actually works now.
    • MIME debug output was modified.
    • Both filtered and original numbers of messages are displayed on the status label now.
    • The POP3 remote mailbox now supports SOCKS proxy.
    • The POP3 remote mailbox now retrieves headers from the newer messages (useful for slow connection).
    • The POP3 remote mailbox can now reload message headers after the loading is stopped.
    • News (NNTP) now supports SOCKS proxy.
    • The details of new message counts are displayed on the tooltip of the tray icon.
    • Address auto-completion now also matches to the subsequent part of the name of contacts.
    • On file selection dialog, the last selected folders are preserved between sessions now.
    • DNS lookup error is now distinguished from other connection errors.
    • The clip icon was replaced with more visible one on selected row.
  • Performance improvements
    • The performance of reading cache files was improved by using memory mapped file (requires GTK+ >= 2.8).
    • Win32: the launch of Windows installer became faster.
  • Other changes
    • Sylfilter command was added as a preset of junk filter program.
    • The blinking period of the tray icon was extended to 10 seconds.
    • 'Is shorter than' became the default for 'Age' filter condition.
    • The Japanse manual was updated, and the encoding of Japanese manual was changed to UTF-8 to prevent display failure on some browsers.
  • Bugfixes
    • Queue control headers are removed when moving messages from queue folders to trash.
    • Duplicated keyboard accelerators on some dialogs were fixed.
    • The focus on quick search entry is not stolen by the refresh of summary.
    • The HTML parser was modified.
    • The check of IMAP AUTHENTICATE response was fixed.
    • The compilation failure with GLib 2.32 or later was fixed.
    • The bug that a MIME part that didn't have its name could not be saved was fixed.
    • Address autocomplete drop-down list with newer version of GTK+ was fixed (#52).
    • Line-space for auto-wrapped lines now reflects the line-space setting (#64).
    • Some minor fixes for IMAP were made.
    • Some memory leaks were fixed.
    • Other bugfixes were made.
    • Some compiler warnings were removed.
    • Win32: OpenSSL was updated to 0.9.8x. (0.9.8w in Sylpheed 3.1.4 is also not vulnerable)
  • 新機能
    • メッセージビューの各添付ファイルがグラフィカルなラベルとポップアップメニューをもつようになりました。
    • メッセージビューの「添付」タブのUIが変更され、場所をとらないようになりました。また、ビューの切り替えを行わずに「すべて保存」が行えるようになりました。
    • 添付インタフェースを以前のものに戻す "show_attach_tab" オプション(UI なし)を追加しました。
    • クイック検索で複数キーワードによる検索を実装しました。
    • フォルダビューとサマリビューのコンテキストメニューがメニューキーもしくは Shift+F10 でポップアップできるようになりました。
    • Win32: IPv6 対応が再度有効になりました。
    • Win32: インストーラに SylFilter を同梱しました。デフォルトの迷惑メールフィルタコマンドも sylfilter に変更しました。
    • Win32: 新着メッセージ到着時に音を鳴らすオプションを追加しました。
    • Win32: ファイル選択ダイアログで Windows ショートカット(.lnk)をたどれるようになりました。
  • 改良
    • 設定ファイルの行ごとの最大文字数が増加しました。
    • 送信控へのメッセージの保存に失敗した場合、メッセージ作成ウィンドウを閉じないようにしました。
    • 生成した Message-Id から送信者のメールアドレスを推測できないようにしました。
    • 新規プラグイン API を追加しました。
    • 「アカウントの設定 - 高度な設定 - ごみ箱フォルダの場所」アカウント設定が有効になりました。
    • MIME デバッグ出力を修正しました。
    • ステータスラベルにフィルタ後と元のメッセージ数を表示するようにしました。
    • POP3 リモートメールボックス機能が SOCKS プロキシに対応しました。
    • POP3 リモートメールボックス機能で新しいメッセージからヘッダを取得するようにしました(遅い回線の場合便利)。
    • POP3 リモートメールボックス機能でメッセージヘッダの読み込みを中断した後、読み込みを再開できるようになりました。
    • ニュース (NNTP) が SOCKS プロキシに対応しました。
    • トレイアイコンのツールチップに新着メッセージ数の詳細を表示するようにしました。
    • アドレス自動補完が連絡先の名前の後ろの部分にもマッチするようになりました。
    • ファイル選択ダイアログで最後に選択したフォルダがセッション間で保存されるようになりました。
    • DNS 検索エラーがその他の接続エラーと区別されるようになりました。
    • クリップアイコンを選択行で見やすいものに置き換えました。
  • 性能向上
    • メモリマップドファイルを使用することで、キャッシュファイルの読み込み性能が向上しました(GTK+ 2.8 以上が必要)。
    • Win32: Windows 版インストーラの起動が高速化されました。
  • その他変更
    • sylfilter コマンドを迷惑メールフィルタプログラムのプリセットに追加しました。
    • トレイアイコンの点滅時間を10秒に延長しました。
    • 「経過日数」フィルタ条件のデフォルトが「次より短い」になりました。
    • 日本語マニュアルを更新しました。また、一部のブラウザで文字化けを回避するため、日本語マニュアルの文字コードを UTF-8 に変更しました。
  • バグ修正
    • 送信待ちフォルダからごみ箱にメッセージを移動するときにキューコントロールヘッダを除去するようにしました。
    • 一部のダイアログでキーボードアクセラレータが重複していたのを修正しました。
    • サマリのリフレッシュ時にクイック検索エントリのフォーカスが奪われないようにしました。
    • HTMLパーサを修正しました。
    • IMAP の AUTHENTICATE の応答のチェックを修正しました。
    • GLib 2.32 以降でコンパイルに失敗する問題を修正しました。
    • 名前を持たない MIME パートを保存できないバグを修正しました。
    • 新しいバージョンの GTK+ を使用した場合の、アドレス自動補完のドロップダウンリストを修正しました(#52)。
    • オートラップされた行に行間の設定が反映されるようになりました(#64)。
    • IMAP に関する小規模な修正を行いました。
    • メモリリークを修正しました。
    • その他バグ修正を行いました。
    • いくつかのコンパイラの警告が除去されました。
    • Win32: OpenSSL を 0.9.8x に更新しました (Sylpheed 3.1.4 同梱の 0.9.8w についても脆弱性の影響はありません)。