Download List

Sponsored link

Project Description

TERASOLUNA Framework is NTT DATA’s framework with high credibility and has a large number of proven track records. Based on de-facto standard technologies in the system development field, TERASOLUNA is used in hundreds of projects in NTT DATA to achieve the high quality and productivity in a system development.


System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2008-05-09 10:00
Server Framework for Java RICH 2.0.1.0 (6 files Hide)

Release Notes

■TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)

TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)とは、リッチクライアントアプリケーション開発に必要な機能を備えた汎用フレームワークです。
オープンソースのJavaアプリケーション向けフレームワークであるSpring Frameworkをベースにしています。


以下ダウンロード可能なファイルです。

* フレームワーク本体(terasoluna-server4jrich-projects_x.x.x.x.zip)
o Eclipseプロジェクトとして提供します。
o 単体試験コードも付属しています。

* ブランクプロジェクト(terasoluna-server4jrich-blank_x.x.x.x.zip)
o アプリケーションの元となるブランクプロジェクトです。

* サンプルアプリケーション
o チュートリアル(terasoluna-server4jrich-tutorial_x.x.x.x.zip)
+ チュートリアルの完成版アプリケーションです。数画面の簡易的なサンプルで簡単に動作確認を行えます。
warファイル化することで、非WTP環境下でも簡単に動作確認を行えます。
o 機能網羅サンプル(terasoluna-server4jrich-funcsample_x.x.x.x.zip)
+ 各機能の実装に重点を置いたサンプルです。

* ドキュメント(terasoluna-server4jrich-doc_x.x.x.x.zip)
o アーキテクチャ説明書
+ フレームワークの内部アーキテクチャおよび提供する各機能の説明資料です。
o 機能説明書
+ フレームワークが提供する各機能ごとの動作、設定方法の説明資料です。
o 機能一覧
+ フレームワークが提供する機能の一覧です。
o チュートリアル(近日公開)
+ 環境設定から各機能の利用までをチュートリアル形式で解説した資料です。

* 上記全部を含んだアーカイブ(terasoluna-server4jrich-all_x.x.x.x.zip)
-----------------------------------------------------


各アプリケーション、Eclipseプロジェクトの詳細および導入方法は、各アーカイブに同梱されているreademeもしくは導入手順ページをご覧ください。

Changelog

////////////////////////////////////////////////
/ ■TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)
ver2.0.1.0における変更履歴
////////////////////////////////////////////////

・2008/09/30

▼ソースコード
# テストケースを追加
-----------------------------------------------
[対象モジュール]
terasoluna-dao(共通モジュール)

[対象ファイル]
testcases/testsources配下
-----------------------------------------------



▼ライブラリ
# 新規追加
-----------------------------------------------
・easymock.jar(前回パッケージング漏れ)
ver2.3
-----------------------------------------------



▼ドキュメント
# チュートリアル
-----------------------------------------------
・富士通Interstage v9に対応
-----------------------------------------------



////////////////////////////////////////////////
/ ■TERASOLUNA Server Framework for Java(Rich版)
/ ver2.0.0.2からver2.0.1.0への変更履歴
////////////////////////////////////////////////

▼ソースコード
# 例外を発生させずともロールバックを実行する際に使用する
ユーティリティクラスを新規追加
-----------------------------------------------
[対象モジュール]
terasoluna-dao(共通モジュール)

[対象ファイル]
jp.terasoluna.fw.transaction.util.TransactionUtil
-----------------------------------------------


# springのスキーマを2.0から2.5に変更。
-----------------------------------------------
[対象モジュール]
functionsample-rich
terasoluna-spring-rich-blank
tutorial-rich

[対象ファイル]
WEB-INF配下の設定ファイル
-----------------------------------------------


# トランザクションインタセプタの設定方法の変更
-----------------------------------------------
[対象モジュール]
functionsample-rich
terasoluna-spring-rich-blank
tutorial-rich

[対象ファイル]
dataAccessContext-local.xml
-----------------------------------------------

# メッセージプロパティファイルのメッセージ修正
-----------------------------------------------
[対象モジュール]
functionsample-rich
terasoluna-spring-rich-blank
tutorial-rich

[対象ファイル]
system-messages.properties
application-messages.properties
-----------------------------------------------

# AOPの設定を記述する設定ファイルを変更
-----------------------------------------------
[対象モジュール]
functionsample-rich
terasoluna-spring-rich-blank
tutorial-rich

[対象ファイル]
applicationAOP.xml
commonContext.xml
web.xml
-----------------------------------------------



▼ライブラリ
# 変更
-----------------------------------------------
・spring.jar
ver2.0.6 → ver2.5.1
・spring-mock.jar
ver2.0.6 → spring-test.jar ver2.5.1
・log4j.jar
ver1.2.14 → ver1.2.15
-----------------------------------------------

# 新規追加
-----------------------------------------------
・aspectjweaver.jar
ver1.5.3
・easymock.jar
ver2.3
・spring-webmvc.jar
ver2.5.1
-----------------------------------------------



▼ドキュメント
# アーキテクチャ説明書
-----------------------------------------------
導入部分
・依存ライブラリの一覧表を追加

⑦トランザクション管理
・Spring2.5版スキーマに対応
-----------------------------------------------


# 機能説明書
-----------------------------------------------
全体
・Spring2.0→Spring2.5に表記を修正

CA-01 トランザクション管理機能
・Spring2.5版スキーマに対応
・設定内容をapplicationAOP.xmlからcommonContext.xmlへ変更
・ロールバックの方法を変更

CB-01 データベースアクセス機能
・Spring2.5版スキーマに対応
・JNDIを使用しない場合の設定をPropertyPlaceholderConfigurer方式から
 contextスキーマ方式に変更

RB-03 XML-Object変換機能
・Spring2.5版スキーマに対応

RD-01 例外ハンドリング機能
・errors.propertiesと記述されている箇所をerror-messages.propertiesに変更
・messageSourceの設定例を追記

RF-02 入力チェック機能
・messageSourceの設定例を追記
-----------------------------------------------


# チュートリアル
-----------------------------------------------
・Spring2.5版スキーマに対応
・設定内容をapplicationAOP.xmlからcommonContext.xmlへ変更
・ソースコード例の修正、ハイパーリンク修正
・Cosminexusの環境構築手順をver7.6に対応
・その他文書微修正
-----------------------------------------------