Recent Changes

2018-05-28
2018-03-08
2017-12-21
2017-10-20
2017-07-28
2017-04-20

Latest File Release

Tera Term (4.99)2018-05-31 00:25
Tera Term RC (4.99 RC)2018-05-28 01:14
Tera Term old archive (4.68)2010-12-07 00:00

Wiki Guide

Side Bar

Tera Term Pro 2.3との差分

Tera Term(Tera Term 4.58)とTera Term Pro 2.3との機能差分について以下に示します。

機能差分一覧

項目Tera Term Pro 2.3Tera Term
ソースコード開示開示
開発環境Visual C++ 5.0 / Watcom C/C++ 11.0Visual Studio 2005[*1]
ライセンスプロプライエタリ[*2]修正BSDライセンス[*3]
アイコンteraterm.png[*4]teraterm_new.png[*4]
TTSSHアイコンttsecure.pngttsecure_new.png[*4]
最大COMポート16256
シリアルボーレート110〜115200110〜921600
プラグイン組み込み環境変数"TERATERM_EXTENSIONS"の設定が必要設定不要
リンクライブラリSSLeay, zlibOpenSSL, zlib, Oniguruma, PuTTY
TTSSHSSH 1.5SSH 1.5 and 2
サポートSSHプロトコルシェル、ポート転送、X11転送シェル、ポート転送、X11転送、SCP
未サポートSSHプロトコルSFTP, SCPSFTP
SSH共通鍵暗号アルゴリズム3DES, DES, Blowfish3DES-CBC, Blowfish, AES128, AES192, AES256
SSHパケット圧縮YesYes。SSH2遅延パケット圧縮もサポート。
Pageant[*5]との連携NoYes
日本語文字コードEUC-JP/Shift_JIS/JISEUC-JP/Shift_JIS/JIS/UTF-8/UTF-8 MAC
Unicode未サポート単一言語サポート[*6]
IPv6NoYes
半透明ウィンドウNoYes
ハートビート[*7]Notelnet, SSH1 and 2
ウィンドウの最大化NoYes
スクロールロックキーNoYes
右クリックの禁止NoYes
オンラインヘルプWinHelpHtmlHelp
クリッカブルURLNoYes
ホイールマウスNoYes
国際化対応NoYes[*8]
プロキシNoYes[*9](HTTP, TELNET, SOCKS4, SOCKS5, SSL, HTTP+SSL, TELNET+SSL, SOCKS4+SSL, SOCKS5+SSL)
xterm 256色モードNoYes
  • [*1] 一部MFC(C++)を使用しているため、Express Editionではビルドができない。
  • [*2] 改造版 Tera Term を不特定多数の人に配布する場合には作者(寺西高氏)の許可が必要。ただし、プラグインは除く。いかなる場合においても金銭的利益を得るためにTera Termを配布するには作者(寺西高氏)の許可が必要。
  • [*3]修正BSDライセンスに準拠する。
  • [*4] アイコンの制作は坂本龍彦氏による。
  • [*5] PuTTYやWinSCPなどで使われるSSH認証エージェント
  • [*6] 内部でUnicode(UCS-2)とMBCSとの相互変換を行っているため、多言語同時表示は不可。すなわち、日本語版Windows上で日本語以外の言語を表示することはできない。ロケール設定により、中国語版Windows上でUTF-8による中国語を扱うことは可能。
  • [*7] NAT環境において一定時間通信がないと、ルータが通信経路テーブルをクリアしてしまうために、SSHセッションが切断されてしまうという現象に対して、ハートビート機能により現象を回避することができる。
  • [*8] 言語ファイル(lang¥*.lng)によりメニューやメッセージの表示言語を切り替えることができる。切り替えの有効化にはTera Termの再起動が必要。
  • [*9]TTProxyを使用。

そのほかの細かな新機能について以下に示します。

  • ANSIカラー色変更&行連結機能
  • マウスカーソルの種別変更
  • ログファイルへのコメント追加
  • Broadcast command機能
  • バッファの全選択
  • ホスト名の最大長拡張
  • TeraTerm Menu, LogMeTTの同梱
  • セッションの複製
  • スクロールバッファの最大長拡張
  • エクスプローラからのディレクトリのドラッグ&ドロップに対応
  • 2つめ以降のTera Termの起動時にもディスクから teraterm.ini を読む
  • VisualStyle(WindowsXP)対応
  • 新しいタイトルフォーマット
  • ログ採取の新しいタイプを追加
  • デフォルトログファイル名(strftimeフォーマット使用可)
  • SSH認証鍵作成ウィザード
  • CygTermダイアログ設定
  • Collectorによるタブ化
  • ESC![Jによる画面クリア時にカレントバッファをスクロールアウト
  • ログ再生メニューの追加
  • 改行コード LF のサポート
  • バッファの画面表示部分の選択
  • 接続ダイアログのHostドロップダウンにbash styleショートカットキー(C-u, C-d, C-k, C-p, C-n, C-b, C-f, C-a, C-a)を追加

修正されたオリジナルバグ

  1. ウィンドウの幅を84ドット(XPのLUNAスタイルでは94ドット)より小さくすると、ウィンドウサイズを変更できなくなることがある。
  2. 行末のタブが次の行に自動改行されない。
  3. ttpmacro.exeに256バイト以上のコマンドラインパラメータ指定があると、BOF(Buffer Over Flow)で落ちる。
  4. マクロファイルに 256 バイトを越える長い行があると、BOF(Buffer Over Flow)で落ちる。
  5. マクロ実行中に、サーバからの受信データをマクロへDDE送信しないことがある(setsyncコマンドによる同期はttermpro.exeとttpmacro.exe間のDDE通信のみに適用されるため)。
  6. マクロの pause コマンドの待ち時間に 1 秒程度の遅延が発生することがある。
  7. ログ採取中のマクロの実行処理が停止することがある。
  8. マクロ実行中にCPU使用率が100%となることがある。
  9. マクロの除算結果が不正となる。
  10. ZMODEMの送信において、ファイルサイズが20MBを超えるとクラッシュする。

新しいショートカットキー

キー機能
ScrollLockTera Termウィンドウのスクロールロック/ロック解除(トグル)
Alt + Enterウィンドウの最大化(トグル)
Alt + Dセッションの複製(SSH, telnetのみ)
Alt + GCygwin接続
左クリック → Shift+左クリックページをまたぐテキスト選択、選択済みテキスト領域の伸縮
Shift + マウスドラッグ廃止(ページをまたぐテキスト選択サポートのため)
Alt + マウスドラッグブロック選択

新設されたマクロコマンド

コマンド機能
connectSSHによる自動ログイン用パラメータを追加。
waitregexwaitlnコマンドの正規表現バージョン。1つの行に対するパターンマッチを正規表現で行うことができる。
ifdefined変数のタイプを調べることができる。
mpauseミリ秒単位でのスリープを行う。
sprintfC言語のprintfライクに書式指定の文字列を生成できる。
str2int16進の文字列も数値へ変換できるようにした。
filereadファイルから指定したバイト数のデータを読み込む。
clipb2varクリップボードからデータを読み出す。
var2clipbクリップボードへデータを書き出す。
random乱数を生成する。
tolowerアルファベットを小文字にする。
toupperアルファベットを大文字にする。
breakforやwhileループから抜ける。
inputboxデフォルト文字列を指定できるようにした。
rotateleft左方向にビットローテートする。
rotateright右方向にビットローテートする。
setenv環境変数の設定および変更。
filenameboxファイル名を選択するダイアログボックスを開く。
do - loopループ制御
until - enduntilループ制御
callmenuTera Termウインドウのメニューを呼び出す。
cygconnectCygwinへ接続する。
scpsendSCPプロトコルでファイルを送信する。
scprecvSCPプロトコルでファイルを受信する。
getverTera Termのバージョンを取得する。
setbaudシリアルポートのボーレートを変更する。

新設されたteraterm.iniのエントリ

"Tera Term"セクションについて以下に示します。

エントリ意味
UILanguageFileI18N向けの言語ファイルの指定。デフォルトはEnglish。
ConnectingTimeoutTCP接続状態で、切断するまでのタイムアウト時間(秒)。Tera Termの/timeoutコマンドラインオプションでも変更可能。
DisablePasteMouseRButtonマウスの右クリックでのペーストを禁止する。
ConfirmPasteMouseRButtonマウスの右クリックでのペースト前に問い合わせダイアログを表示する。
DisableAcceleratorSendBreakシリアルコンソールにおいて Alt+B によるBreak送信を無効にする。
ANSIColor16色のカラーテーブルの設定情報。
EnableContinuedLineCopy行連結機能を有効にする。
MouseCursorマウスカーソルの種別を変更する。
AlphaBlendウィンドウの半透明度を設定する。
CygwinDirectoryCygwinのインストール先を指定する。
ViewlogEditorログを開くエディタを指定する。
LocaleUnicodeを扱うためのOSのロケールを指定する。
CodePageUnicodeを扱うためのOSのコードページを指定する。
UseNormalBGColor文字の背景色をスクリーンの背景色と一致させる。
KanjiReceive"UTF-8"と"UTF-8m"の追加。
KanjiSend"UTF-8"の追加。UTF-8-MACでは送信時はNFCでよいので"UTF-8m"は不要。
URLColorクリッカブルURLの強調表示の色。実際には動作しない。
EnableClickableUrlクリッカブルURLを有効にする。
LogTypePlainTextログ採取のファイル形式を plain text (制御コードを含まない)にする。
LogTimestampログ採取時に行の先頭に、採取時のOSのタイムスタンプを挿入する。
LogDefaultNameログ採取時のデフォルトのファイル名を設定する。strftime形式も使用可能。
LogDefaultPathログ採取時のデフォルトパス名を設定する。
LogAutoStart接続時に自動的にログ採取を行う。
BroadcastCommandHistoryBroadcast Commandのコマンド履歴をteraterm.iniへ保存する。
AcceptBroadcast"off"の場合、Broadcast Commandダイアログを呼び出したウィンドウにはコマンドを送出しない。
TitleFormatフォーマットIDに"13", "29", "45", "61"を追加。
FileSendFilter送信ダイアログのファイル名フィルタを設定する。
VTCompatTab行末のタブ表示を VT 端末互換にする。
MaxBroadcatHistoryブロードキャストコマンドの履歴の保存数
DisableAppKeypad, DisableAppCursorアプリケーションキーパッド/カーソルモードを無効にできるようにした。
ClearComBuffOnOpenシリアルポートのバッファをクリアしない。
Send8BitCtrlC1 制御文字 ($80-$9F) を送信に使用する。
SelectOnlyByLButtonマウスドラッグによる選択を、左ボタンでのみ有効にする。
TelAutoDetectTelnetコマンド自動検出の無効化
ZmodemRcvCommandZMODEM の受信コマンド
XmodemRcvCommandXMODEM の受信コマンド
ConfirmFileDragAndDropドラッグ&ドロップによるファイル送信の確認
TranslateWheelToCursorアプリケーションカーソルモード時のマウスホイールの動作
HostDialogOnStartup起動時の "New Connection" ダイアログの表示
MouseEventTrackingマウス操作の通知
KillFocusCursorフォーカスが外れた時にもカーソルを表示する
ConfirmChangePaste改行を含むクリップボードのペースト時に確認ダイアログを表示する
MaximizedBugTweakウィンドウ最大化時の画面スクロール方法

"TTSSH"セクションについて以下に示します。

エントリ意味
CipherOrder3DES-CBCの"7"、AES128の"8"、AES192の"9"、AES256の":"、Blowfish(SSH2)の";"を追加。
ProtocolVersionSSHプロトコルバージョン
HeartBeatキープアライブ(ハートビート)間隔
RememberPasswordパスワードをメモリ上へ保持するかどうか。
CheckAuthListFirst認証を試行する前に、サポートされていない認証方式を無効にする。