From 18 Jan, 2021 0:00 UTC: All services will be temporary unavailable for maintenance

Galatea Toolkit 使用許諾書

2003-09-28: 使用許諾書を改訂し,特に第4項の条件を緩和しました.

2008-12-25: 「使用条件」に以下を補足いたします:

ただし本ソフトウェアによって生成された合成音声の配布においては、
本使用条件第2項に定められた著作権表示及び本使用条件の添付は
必要ありません。

擬人化音声対話エージェント基本ソフトウェアの使用許諾書

擬人化音声対話エージェント基本ソフトウェアは、財団法人京都高度 技術研究所 (ASTEM) が、情報処理振興事業協会 (IPA) が実施した 「重点領域情報技術開発事業」において開発した研究成果です。

ASTEMは、擬人化音声対話エージェント基本ソフトウェアの著作者で あり著作権を含む本プログラム及び使用条件の全てを受諾し遵守する 限り、ソースコードを含む本プログラム及びドキュメンテーション (以下、あわせて「本ソフトウエア」と言う。)を無償であなたに提 供します。あなたが本ソフトウエアを使用したときは、本使用条件の 全てを受諾したものと看做されます。

「使用条件」

1.ASTEMは、あなたが本使用条件の全てを受諾し遵守する限り、本ソ フトウエアの全部又は一部について使用、複製、翻案、変更、組み込 み、結合することおよびそれらの複製物、翻案物、変更物等を配布、 頒布、送信することに関し、ASTEMが有する著作権及び著作者人格権を 行使しません。ただし、あなたを含め本ソフトウエアの使用者は、本 ソフトウエアの全部又は一部を変更してその複製物を配布、頒布、送 信などして第三者に提供するときは第2項の表示記載に加え本ソフト ウエアを変更した旨、変更者及び変更日を明確に表示するものとしま す。

2.あなたは、使用、複製、翻案、変更、組み込み、結合その他本ソ フトウエアの使用態様の如何にかかわらず、その複製物、翻案物、変 更物等の全部又は一部を第三者に提供するときは、本ソフトウエアに 下記の著作権表示及び公開の趣旨を含む本使用条件の全て(日本語及 び英語版)をいささかも変更することなくそのまま表示し添付しなけ ればなりません。

    記
Copyright(c) 2000-2003 情報処理振興事業協会(IPA)
Copyright(c) 2000-2003 京都高度技術研究所(ASTEM)

ただし本ソフトウェアによって生成された合成音声の配布においては、 本使用条件第2項に定められた著作権表示及び本使用条件の添付は 必要ありません。

3.ASTEMは、本ソフトウエアを研究開発の試作物をあるがままの状態 で無償公開提供するものであり、本ソフトウエアに関し、明示、黙示 を問わず、いかなる国における利用であるかを問わず、また法令によ り生じるものであるか否かを問わず、一切の保証を行いません。ここ でいう保証には、プログラムの品質、性能、商品性、特定目的適合性、 欠陥のないことおよび他の第三者の有する著作権、特許権、商標権等 の無体財産権や営業秘密その他の権利利益を侵害しないことの保証を 含みますがそれに限定されるものではありません。あなたを含め本ソ フトウエアの使用者は、本ソフトウエアが無保証であることを承諾し、 本ソフトウエアが無保証であることのリスクを使用者自身で負うもの とします。裁判所の判決その他何らかの理由によりあなたに課せられ た義務と本使用条件が相容れないときは、あなたは、本ソフトウエア を使用してはなりません。

ASTEMは、本ソフトウエアの使用又は使用できないことに関してあな た及び第三者に生じる通常損害、特別損害、直接的、間接的、付随的、 派生的な損害(逸失利益を含む)一切につきそれが契約、不正行為、 ネグリジェンス、製造物責任等いかなる国のいかなる法律原因による かを問わず、賠償しません。

4.あなたは、原子力関連、航空管制その他の交通関連、医療、救急 関連、警備関連その他人の生命、身体、財産等に重大な損害が発生す る危険を有するシステムを含むどのシステムにおいても、本ソフトウ エアを使用する場合は、そのことによって生じる全ての義務、損失、 損害に関してはあなたが責任を負うものとし、本ソフトウェアの開発 者あるいは供給者には何ら責任を求めることは出来ません。

5.ASTEMは、本ソフトウエアのメンテナンスやサポートを行いません。

6.本ソフトウエアの使用に関しては、日本国の法律を準拠法とし、 京都地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


使用許諾書(英語版)

Terms and Conditions of License for Use of "Open-source Toolkit for Anthropomorphic Spoken Dialogue Agent"

Copyright(C) 2000-2003 Information-technology Promotion Agency, Japan

Copyright(C) 2000-2003 ASTEM RI/Kyoto, Japan

"Open-source Toolkit for Anthropomorphic Spoken Dialogue Agent" is a result of the Information Technology Development Projects Specific Development Areas of Information-technology Promotion Agency (IPA), Japan. ASTEM is the author of "Open-source Toolkit for Anthropomorphic Spoken Dialogue Agent" and retains the copyright thereto. However, as long as you accept and remain in strict compliance with the terms and conditions of the license set forth herein, you are hereby granted a royalty-free license to use "Open-source Toolkit for Anthropomorphic Spoken Dialogue Agent" including the source code thereof and the documentation thereto (collectively referred to herein as the "Software"). Use by you of the Software shall constitute acceptance by you of all terms and conditions of the license set forth herein.

Terms and Conditions of License

1. So long as you accept and strictly comply with the terms and conditions of the license set forth herein, ASTEM will not enforce the copyright or moral rights owned by ASTEM in respect of the Software, in connection with the use, copying, duplication, adaptation, modification, preparation of a derivative work, aggregation with another program, or insertion into another program of the Software or the distribution or transmission of the Software. However, in the event you or any other user of the Software revises all or any portion of the Software, and such revision is distributed, then, in addition to the notice required to be affixed pursuant to paragraph 2 below, a notice shall be affixed indicating that the Software has been revised, and indicating the date of such revision and the name of the person or entity that made the revision.

2. In the event you provide to any third party all or any portion of the Software, whether for copying, duplication, adaptation, modification, preparation of a derivative work, aggregation with another program, insertion into another program, or other user, you shall affix the following copyright notice and all terms and conditions of this license (both the English and Japanese language versions) as set forth herein, without any revision or change whatsoever.

Form of copyright notice:

Copyright (C) 2000-2003 Information-technology Promotion Agency, Japan
Copyright (C) 2000-2003 ASTEM RI/Kyoto, Japan

3. ASTEM is licensing the Software, which is the trial product of research and development, on an as is and royalty-free basis, and makes no warranty or guaranty whatsoever with respect to the Software, whether express or implied, irrespective of the nation where used, and whether or not arising out of statute or otherwise, including but not limited to any warranty or guaranty with respect to quality, performance, merchantability, fitness for a particular purpose, absence of defects, or absence of infringement of copyright, patent rights, trademark rights or other intellectual property rights, trade secrets or proprietary rights of any third party. You and every other user of the Software hereby acknowledge that the Software is licensed without any warranty or guaranty, and assume all risks arising out of the absence of any warranty or guaranty. In the event the terms and conditions of this license are inconsistent with the obligations imposed upon you by judgment of a court or for any other reason, you may not use the Software. ASTEM shall not have any liability to you or to any third party for damages or liabilities of any nature whatsoever arising out of your use of or inability to use the Software, whether of an ordinary, special, direct, indirect, consequential or incidental nature (including without limitation lost profits) or otherwise, and whether arising out of contract, negligence, tortuous conduct, product liability or any other legal theory or reason whatsoever of any nation or jurisdiction.

4. When you use the Software for purposes associated with any system for nuclear power related matters, air traffic control or other traffic control, medical, emergency or security related uses, or any other system which may pose a significant risk of loss of life, bodily injury or damage to property, you shall take responsibility, and the developer or supplier of the Software cannot be asked for responsibility at all.

5. ASTEM will not conduct any support or maintenance of the Software.

6. This license of use of the Software shall be governed by the laws of Japan, and the Kyoto District Court shall have exclusive primary jurisdiction with respect to all disputes arising with respect thereto.