Download List

Sponsored link

Project Description

Hinemosは、複数のコンピュータを単一のコンピュータのイメージで運用管理することを実現するオープンソースソフトウェアです。 ユーザが運用目的ごとにコンピュータをグループ登録し、グループに対して状態監視、ジョブ管理、性能管理、一括制御を行う機能を備えて...

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2015-11-25 10:00
02_Hinemos4.1 4.1.4 (14 files Hide)

Release Notes

リリースバージョン:4.1.4

リリース日:2015/11/25

1.下位互換性 1.1.バージョン4.1.3からの内部データベースの移行

- 4.1.3の内部データベースバックアップを4.1.4の内部データベースに適用することができます。

1.2.内部データベース変更点

- 4.1.3より変更点はありません。

1.3.互換性

- 4.1.4のマネージャ・クライアントには
4.1.3以前のマネージャ・クライアントとの互換性があります。
- 4.1.4のマネージャ・エージェントには
4.1.3以前のマネージャ・エージェントとの互換性があります。

2.新機能・機能改善

- 監視詳細を空文字に置換可能とする
- Windowsイベント監視の再設定時に一時的にフィルタリングされない時間が存在する
- Windowsイベント監視がpowershell.exeの起動失敗で停止する
- 【UNIX】AIXのプロセス監視にSNMPを利用できるようにする

3.不具合改修

以下の不具合、不具合の可能性を修正しました。
- 【Cloud】インスタンス検出時のエージェント接続失敗のエラーログが出力される
- イベントソースにマルチバイト文字を入れた場合にWindowsイベント監視がマッチングできない
- OS停止時にHinemosエージェントが正常に停止されない
- ログインユーザのパスワードに「:」が使用できない
- Hinemosエージェントを再起動すると、その直後のHinemosエージェント監視に失敗することがある
- OS停止時にHinemosマネージャが正常に停止されない
- 【Cloud】特定環境下でクラウド管理のエージェント自動接続機能が動作しない
- 収集項目マスタのキャッシュの初期化に失敗することがある
- ログファイル監視等で監視設定が稀に反映されない場合がある
- Hinemosエージェントでカレンダパターンによる判定がおこなわれない
- エージェント再起動時に極めて稀にエージェントが重複したと判断されることがある
- ジョブを中断状態から再開することができない
- 監視対象有効化直後にプロセス監視リソース監視の結果が不明になる場合がある
- 積み上げ面グラフが正しく表示されない
- 性能グラフのタイトルに不要なデバイス名が含まれ、タイトルが正しく表示されない
- #3007(powershell.exeの起動失敗時に直近のWindowsイベントが監視されない)に伴うデグレードの修正
- 終了値による待ち条件が正常に作動しない場合がある
- 一括制御機能のファイル転送ジョブの設定を二回以上行うと、Agent.propertiesへの鍵登録が一行になってしまう

4.仕様変更

- WindowsサーバのCPU使用率がタスクマネージャの値と異なる場合がある
- WindowsServer2003サポート対象外
- ロールの変更をスコープの権限を意識せずに行えるようにする

Changelog

No Changelogs