Download List

Sponsored link

Project Description

XOOPSの統合パッケージを開発するプロジェクトです。

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2009-03-07 13:22
webmap webmap_010 (1 files Hide)

Release Notes

This module is the map using Google Maps API
It changed base on gamaps module.


* Main features *
1. User features
(1) Search Map: Search map from address
(2) Show Map: Show map which is specified latitude and longitude
Download KML and show in GoogleEarth
(3) GeoRSS: Show marker on the map, getting latitude and longitude by RSS supporing GeoRSS

2. Admin features
(1) The admin get latitude and longitude from map, and save them in database
(2) The admin upload the Google Map Icon.

3. API features
This modules provide the interface for the other module to show the map.

4. Google API Key
Get the API key on following, when you use Google Maps
http://www.google.com/apis/maps/signup.html


* Install *
1. common ( xoops 2.0.16a JP and XOOPS Cube 2.1.x )
When you unzip the zip file, there are two directories html and xoops_trust_path.
Please copy in the directory which XOOPS correspond

When you install, the xoops output warning like the following.
Please ignore, because xoops and webphoto work well.
-----
Warning [Xoops]: Smarty error: unable to read resource: "db:_inc_makrer_js.html" in file class/smarty/Smarty.class.php line 1095
-----

2. xoops 2.0.18
in addition to the above

(1) rename preload file.
XOOPS_TRUUST_PATH/modules/webmap/preload/_constants.php (with undebar)
-> constants.php (without undebar)

(2) change _C_WEBMAP_PRELOAD_XOOPS_2018 in valid
remove // at the head.
-----
//define("_C_WEBMAP_PRELOAD_XOOPS_2018", "1" )
-----


Google Maps API を利用して地図を表示するモジュールです。
gamaps をベースに変更した。


● 主な機能
1. ユーザ機能
(1) 地図の検索:住所から地図を検索する
(2) 地図の表示:緯度経度を指定して特定の場所の地図を表示する
KML をダウンロードして、GoogleEarth で見る
(3) GeoRSS:GeoRSS に対応した RSS から緯度経度を取得して、地図上に表示する

2. 管理者機能
(1) 地図から緯度・経度を取得して、データベースに格納する
(2) Google マップアイコンをアップロードする

3. API機能
他のモジュールが地図を表示するためのインタフェースを提供する

4. Google API Key
利用する場合は 下記よりAPI Key を取得してください
http://www.google.com/apis/maps/signup.html


● インストール
1. 共通 ( xoops 2.0.16a JP および XOOPS Cube 2.1.x )
解凍すると、html と xoops_trust_path の2つディレクトリがあります。
それぞれ、XOOPS の該当するディレクトリに格納ください。

イントール時に下記のような Warning が出ますが、
動作には支障ないので、無視してください。
-----
Warning [Xoops]: Smarty error: unable to read resource: "db:_inc_marker_js.html" in file class/smarty/Smarty.class.php line 1095
-----

2. xoops 2.0.18
上記に加えて
(1) preload ファイルをリネームする
XOOPS_TRUST_PATH/modules/webmap/preload/_constants.php (アンダーバーあり)
-> constants.php (アンダーバーなし)

(2) _C_WEBMAP_PRELOAD_XOOPS_2018 を有効にする
先頭の // を削除する
-----
//define("_C_WEBBMAP_PRELOAD_XOOPS_2018", 1 ) ;
-----

Changelog

No Changelogs