Download List

Sponsored link

Project Description

Julius is an open-source, high-performance large vocabulary continuous speech recognition (LVCSR) engine for speech-related researchs and developments. With HMM acoustic model and language model, you can construct your own speech recognition system.

Moved to github: https://github.com/julius-speech/julius

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2012-08-01 00:00
julius 4.2.2 (1 files Hide)

Release Notes

Version 4.2.2 is a bug fix release. Several bugs has been fixed.
The grammar compiler (mkfa) now does not link flex library, so you can compile without flex.

See the "Release.txt" file for the full list of updates.

バージョン 4.2.2 はバグ修正のみのリリースです。
いくつかの不具合が修正されました。
また、文法コンパイラ (mkfa) が flex のライブラリをリンクしないよう変更されました。
これにより、flex がインストールされていない環境でもコンパイルできるようになりました。

変更点の詳細な一覧は Release-ja.txt をご覧ください.

Changelog

Fixes:
- Now can be compiled without flex library
- Fix failure of reading binary N-gram when compiled with "--enable-words-int"
- Fix incorrect handling of file paths with backslash in jconf file at Windows
- Fix segfault when reading an errorous word dictionary.
- Fix occasional segfault which may occur while search.

○修正点
- Flex ライブラリ無しでコンパイルできるようになった
- "--enable-words-int" 指定時に通常のバイナリ N-gram が読めない不具合を修正
- Windows において jconf 内でバックスラッシュの入ったパスを扱えないバグを修正
- エラーを含む単語辞書を読んだときに segfault する不具合を修正
- 探索中に稀に segfault する不具合を修正