注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

EXPRESSSCOPEエンジンを使う / [応用編1] Serial over LANを設定する

<前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次のページ>

GRUBとカーネルパラメータの設定

BIOSの次に、OSを起動してGRUBの設定ファイル「/boot/grub/menu.lst」を編集します。念のため、既存のファイルをバックアップしてから編集しましょう。

$ sudo cp /boot/grub/menu.lst /boot/grub/menu.lst.bak
$ sudo vi /boot/grub/menu.lst

menu.lstファイルに加える変更には、大きく分けると、GRUB自体の設定とカーネルパラメータの設定があります。まず、GRUB自体の設定ですが、menu.lstの先頭に以下の2行を追加します。

serial --unit=0 --speed=19200 --word=8 --parity=no --stop=1
terminal --timeout=5 serial console

1行目はシリアルポートの設定で、ボーレート19200bps、8ビット、パリティなし、ストップビット数1という意味です。ボーレートはBIOSの設定値と合わせてください。2行目はOS選択メニューの出力先の指定で、この場合、GRUBの起動時に何もキー操作をしなければ5秒間でタイムアウトしてシリアルポートが選択されます。シリアルコンソールか通常のコンソールで何かキーを操作すれば、操作したほうのコンソールが有効になります。

次にカーネルパラメータの設定を行います。こちらは、kernel行に以下のパラメータを追加します。

console=tty0 console=ttyS1,19200n8r

ここでは、コンソールメッセージの出力先として通常のモニタ/キーボード(tty0)とシリアルポート(ttyS1)の両方を指定しています。「19200n8r」はボーレート19200bps、ノンパリ、8ビット、ストップビット数1)という意味です。こちらもボーレートをBIOSの値に合わせる必要があります。

さて、Ubuntuの場合、kernel行にはあらかじめ以下の2つのパラメータが設定されています。

quiet splash

これらはブート時にカーネルが出力するメッセージを最小限にして(quiet)、グラフィカルなブート画面を使用する(splash)という意味です。どちらもサーバマシンでは無用のオプションなので削除します。

最終的にkernel行の記述は以下のようになりました。

title           Ubuntu 7.10, kernel 2.6.22-14-server
root            (hd0,0)
kernel          /vmlinuz-2.6.22-14-server root=/dev/mapper/i110Rc-root ro console=tty0 console=ttyS1,19200n8r
initrd          /initrd.img-2.6.22-14-server

ただしkernel行を修正しただけでは、カーネルをアップデートした際に、カーネルパラメータが修正前のものに戻ってしまいます。これはUbuntuのmenu.lstファイルに以下のような設定が記述されているためです。

## additional options to use with the default boot option, but not with the
## alternatives
## e.g. defoptions=vga=791 resume=/dev/hda5
# defoptions=quiet splash

そこでいちばん下の「# defoptions」の行を以下のように修正します。

# defoptions=console=tty0 console=ttyS1,19200n8r

これでカーネルが更新された場合でも新しいカーネルにシリアルコンソールの設定が引き継がれるようになります。

<前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次のページ>


関連記事