注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

ディストリビューション動作確認情報トップ i110Ra_1h_small.jpg

Express5800/i110Ra-1h

対象ディストリビューション:FreeBSD 5.4-RELEASE

本ページの内容は、限られた評価環境における検証結果に基づいた動作確認情報です。 ページ内の情報をご活用いただく前に予め「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。

記号の意味

◎…当該ディストリビューションで動作可能
○…当該ディストリビューションに最新ドライバ等を適用し動作可能
×…動作不可
-…未サポート

■製品情報

ハードウェア製品情報はこちらを参照してください。

■インストール確認

ハードウェア構成

構成1 (SATA2)

  • N8100-1366Y:Express5800/i110Ra-1h ディスクレスモデル Pentium M 1.73GHz×1
  • N8150-205A:増設用160GB HDD (SATA2/300,7200rpm)
  • N8460-002:外付けFDD×1
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1

構成2 (AACRAID)

  • N8100-1368Y:Express5800/i110Ra-1h ディスクレスモデル Pentium M 2GHz×1
  • N8116-06:ライザカード×1

-:Adaptec 2410SA (SATA RAID)×1

  • N8150-206A:増設用250GB HDD (SATA2/300,7200rpm) [RAID1]×2
  • N8460-002:外付FDD×1
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1

動作確認

構成1

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:○:CD-ROM からのBootにてインストール。(注1)
  • X Window Systemの動作:◎:1024x768 LCD
  • PS/2 マウス・キーボード:◎
  • 標準LANポート:○:telnet,ftpの動作を確認。(注2)
  • CPUの認識:◎:dmesgを確認。
  • メモリの認識:◎:dmesgを確認。
  • 作成パーティション数:28:ドライブ全領域を使用。(4slice x 7partition)
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • USBフロッピードライブ:◎:OS起動後に接続(ホットプラグ)して自動認識されることを確認。ファイルのコピー/比較を確認。
  • USB DVD-ROMドライブ:◎:同上
  • RAIDドライブの縮退動作:-:電源断後にRAID構成のHDDを1つ取外しても、起動・動作。(注3)
  • RAIDドライブの再構築:-:電源断後にDEADのDISKを交換し、起動することで運用中再構築。(注3)
  • 負荷ランニング:48H:ハードドライブ,CD,FDD,ネットワークへの負荷。(注5)
  • 再起動:12H:システム起動後10分で再起動を繰り返す試験。
  • シリアル・コンソール:?:コンソール出力が表示され、ログインできる。

構成2

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:○:CD-ROM からのBootにてインストール。(注1)
  • X Window Systemの動作:◎:1024x768 LCD
  • PS/2 マウス・キーボード:◎
  • 標準LANポート:○:telnet,ftpの動作を確認。(注2)
  • CPUの認識:◎:dmesgを確認。
  • メモリの認識:◎:dmesgを確認。
  • 作成パーティション数:28:ドライブ全領域を使用。(4slice x 7partition)
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • USBフロッピードライブ:◎:OS起動後に接続(ホットプラグ)して自動認識されることを確認。ファイルのコピー/比較を確認。
  • USB DVD-ROMドライブ:◎:同上
  • RAIDドライブの縮退動作:◎:電源断後にRAID構成のHDDを1つ取外しても、起動・動作。(注3)
  • RAIDドライブの再構築:◎:電源断後にDEADのDISKを交換し、起動することで運用中再構築。(注3)
  • 負荷ランニング:48H:ハードドライブ,CD,FDD,ネットワークへの負荷。(注5)
  • 再起動:12H:システム起動後10分で再起動を繰り返す試験。
  • シリアル・コンソール:◎:コンソール出力が表示され、ログインできる。

(注1) CDブートでのインストールはNG。インストールCDよりBoot/KernelFDを作成してインストール実施しました。

  • FreeBSD5.4CD内、/floppies/配下、kern1.flp,kern2.flp,boot.flpからFDを作成してください。
  • FDDより起動させるため以下のBIOS設定(Boot配下)を変更してください。
    • 変更前
      First Boot Device [ CD-ROM ]
      Second Boot Device [Removable]
      
    • 変更後
      First Boot Device [Removable]
      Second Boot Device [ CD-ROM ]
      

(注2) インストール時に標準LANが認識されないため、以下のドライバを適用して認識/動作確認を行いました。

  • 1000B-T (em) : 100B-TXでのカーネル再構築/再起動後に実施してください。
    1. Intel社Webよりem-2.1.7.tar.gzをDL(2006年2月現在)。
    2. DLしたファイルを展開
      # tar zxvf em-2.1.7.tar.gz
      
    3. # cd em-2.1.7/src
    4. # make
    5. # make install
    6. "/boot/loader.conf"に以下の行を追加
      if_em_load="YES"
      
    7. 再起動
  • 100B-TX (fxp)
    1. /usr/src/sys/dev/fxp/if_fxp.c(L175辺り)に以下の行を追加
      { 0x1064, -1, "Intel 82562EZ (ICH6)" },
      { 0x1065, -1, "Intel82562GZ" } , ← 追加
      { 0x1209, -1, "Intel 82559ER Embedded 10/100 Ethernet" },
      
    2. 作業領域へ移動
      # cd /usr/src/sys/i386/conf
      
    3. 設定ファイルをコピー
      # cp GENERIC GENIC
      
    4. 設定ファイルを編集し、ファイル内の"GENERIC"を"GENIC"に変更
      # vi GENIC
      
    5. # config GENIC
    6. # cd ../compile/GENIC
    7. # make depend;make
    8. # make install
      現行カーネルkernelはkernel.old にバックアップされる。
    9. 再起動

(注3) FreeBSDで動作可能なRAID監視/管理ユーティリティはありません。ソフトウェアからはRAID状態の確認ができませんのでご注意願います。

(注4) 高負荷時に発生し得る現象について

  1. ディスクのスペースが十分ある(du コマンドで確認した使用量は総容量の数%程度)にもかかわらず、ディスク使用量が100%を超え"no spaceleft"のエラーが発生する場合があります。
    本現象発生時にはtunefsコマンドを使用し、minifreeの値(Default=8%)を5%程度に変更することで、エラーを回避できることを確認しています。

■HDD増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8150-204A:増設用80GB HDD(SATA2/300/7200rpm):◎:ファイルのコピー/比較動作を確認。
  • N8150-205A:増設用160GB HDD(SATA2/300/7200rpm):◎:同上
  • N8150-206A:増設用250GB HDD(SATA2/300/7200rpm):◎:同上

■LAN増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8104-88:100BASE-TX接続ボード(LowProfile)×1:◎:telnet, ftpの動作を確認。(注1)
  • N8104-115:1000BASE-T接続ボード(LowProfile)×1:◎:同上

(注1) InboxドライバでNICは認識されますが、OnboardNICの動作上、updateしたドライバで動作確認を実施しました。

■USB機器

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8460-002:外付け FDD×1:◎:ホットプラグでの挿抜して動作可能なことを確認
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1:◎:同上

ユーザーコメント欄(コメントを書く

ディストリビューション動作確認情報トップ