Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2012-05-31 22:45
Tera Term 4.74

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.74.exe 10.66 MB 2012-05-31 22:45 109027
teraterm-4.74.zip 6.17 MB 2012-05-31 22:45 36297

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2012.05.31 (Ver 4.74)

  • Changes
    • Serial port connection
      • added the mark parity, space parity and 1.5 stop bit on the serial port setup.
      • added the "mark" and "space" name of the Parity entry. The default is "none".
      • added the "1.5" name of the StopBit entry. The default is "1".
    • Named pipe
      • added support for the named pipe. Tera Term can connect the serial port of the VMware and Hyper-V.
      • A named pipe can be specified into the TCP/IP:Host entry of New connection dialog.
      • added the /NAMEDPIPE option by specifying the named pipe.
    • added the AUTO entry in the New-line(receive). Special thanks to tentner.
    • added the selection of the font quality.
      • added the Font quality configuration on the Additional settings dialog.
    • added the SCP destination path on the confirmation dialog when a user drags a file to TeraTerm window.
      • added the ScpSendDir entry in the teraterm.ini file.
    • Eterm look-feel
      • Environment variable strings(%variableName%) can be included in the ini file path.
      • added an image file specified configuration(theme\ImageFile.INI). Also, a background image file can be specified on the Additional settings dialog.
      • Enabled the "Eterm lookfeel" checkbox on the Additional settings dialog.
    • added the LanguageUI entry on the General setup dialog.
    • A message dialog is shown when the cygterm.cfg has been saved on the Cygwin tab of the Additional settings dialog.
    • added support for IME feedback back and forth function. The ATOK2012, MS-IME2002 and MS-IME2003 work well. Also, this feature is disabled with "IME=off"(teraterm.ini).
    • Removed an extra semicolon(;) included in the window size requesting.
    • Macro
      • added the "paramcnt"(argument count) and "param1"(macro filename) in the Variables.
      • added a sample code in the connect command.
      • added the filelock command.
      • added the fileunlock command.
      • added the third argument _timezone_ at the gettime and getdate command.
  • Bug fixes
    • KERMIT protocol
      • The initial parameters of the KERMIT server do not be checked well.
    • The drop down list's items are not shown on Windows 2000 or earlier.
    • Fixed a typo of the Cyrillic letter translation table(range of CP866 and ISO8859-5).
    • A string array can not be recognized as the argument of the macro command.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.61

TTSSH

2012.05.31 (Ver 2.61)

  • Changes
    • The comment of the public key can be specified on the SSH Key Generator dialog.
    • The destination path can be specified on the SSH SCP dialog.
  • Bug fixes
    • added proceduring the debug message(SSH_MSG_DEBUG) from the remote host.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.1c
    • upgraded zlib to 1.2.7

TeraTerm

2012.05.31 (Ver 4.74)

  • 変更
    • シリアルポート接続
      • シリアルポート設定で、マークパリティ・スペースパリティ・1.5ストップビットをサポートした。
      • teraterm.ini に Parity エントリに"mark", "space"を追加した。デフォルトは"none"。
      • teraterm.ini に StopBit エントリに"1.5"を追加した。デフォルトは"1"。
    • 名前付きパイプ
      • 名前付きパイプをサポートした。Tera TermからVMwareやHyper-Vにシリアルポート接続が可能となる。
      • New connectionダイアログのTCP/IP:Hostに名前付きパイプを指定できるようにした。
      • /NAMEDPIPE オプションで名前付きパイプを指定できるようにした。
    • 受信改行モードにAUTOを追加した。tentner氏に感謝します。
    • 表示フォントの品質を選択できるようにした。
      • Additional settings ダイアログに Font quality 設定項目を追加した。
    • ウィンドウへのドラッグ&ドロップによるファイル送信において、SCPの送信先パスを指定できるようにした。
      • teraterm.iniにScpSendDirエントリを追加した。
    • Eterm look-feel
      • iniファイルパスに環境変数文字列(%variableName%)を含められるようにした。
      • 画像ファイル指定設定(theme\ImageFile.INI)を追加した。Additional settingsダイアログのVisualタブで、背景画像を指定できるようにした。
      • Additional settingsダイアログのVisualタブで、有効化できるようにした。
    • General setupダイアログで言語ファイルを指定できるようにした。
    • Additional settingsダイアログのCygwinタブで、設定保存できた場合、メッセージダイアログを表示するようにした。
    • IMEの前後参照変換機能に対応した。ATOK2012,MS-IME2002,MS-IME2003で動作確認済み。MS-IME2010では動作不可。"IME=off"(teraterm.ini)の場合は機能無効。
    • ウィンドウサイズ問い合わせに対する応答に含まれていた余分な ; を削除した。
    • マクロ
      • 変数に"paramcnt"(引数の個数)、"param1"(マクロファイル名)を追加した。
      • connectコマンドにパラメータを利用したサンプルコードを追加した。
      • filelockコマンドを追加した。
      • fileunlockコマンドを追加した。
      • gettime, getdateコマンドの第3引数にタイムゾーンを追加した。
  • バグ修正
    • KERMIT プロトコル
      • サーバの初期パラメータの符号チェックバグを修正した。
    • Windows 2000 以前で、ドロップダウンリストの選択肢が表示されない問題を修正した。
    • キリル文字の変換テーブル(CP866, ISO8859-5 間)のtypoを修正した。
    • マクロコマンドの引数に文字型配列が指定できない問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.61)へ差し替えた。

TTSSH

2012.05.31 (Ver 2.61)

  • 変更
    • SSH Key Generatorダイアログで、公開鍵のコメントを指定出来るようにした。
    • SSH SCPダイアログで、送信先パスを指定できるようにした。
  • バグ修正
    • リモートからのデバッグメッセージ(SSH_MSG_DEBUG)を処理する箇所を追加した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.1cへ差し替えた
    • zlib 1.2.7へ差し替えた