Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2012-08-31 17:30
Tera Term 4.75

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.75.exe 10.72 MB 2012-08-31 17:30 114152
teraterm-4.75.zip 6.23 MB 2012-08-31 17:30 30321

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2012.08.31 (Ver 4.75)

  • Changes
    • A button value is changed from 3 to 35 while the button is not pressed at the Any Event Tracking mode.
    • added the 0; character at the reply head by requesting the character attribute of the DECRQSS.
    • At requesting the character attribute of the DECRQSS, the color attribute is not included in reply when the Enable ANSI Color is off.
    • When the host number is discontinous value, Tera Term can read the Hosts section in the teraterm.ini file.
    • Macro
      • added the setpassword command.
      • added the ispassword command.
  • Bug fixes
    • Named pipe: The pipe can not be disconnected when the Oracle Virtual Box is terminated.
    • COM port: The default setting can not be saved in the teraterm.ini file.
    • YMODEM: When the receiving a file is temporarily stopped, Tera Term can not send a NAK after timeout. So, the transfering can not be continued.
    • Macro command: The send and sendln can not transmit a character #01.
    • Macro command regarding file using: A relative path will not be recognized.
      • The base of a relatvie path will be a path existing a macro file or Tera Term installation directory. By using this bugfix, the relative path can be a path existing a macro file.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.62

TTSSH

2012.08.31 (Ver 2.62)

  • Changes
    • When the host number is discontinous value, Tera Term can read the Hosts section in the teraterm.ini file.

TeraTerm

2012.08.31 (Ver 4.75)

  • 変更
    • Any Event Tracking モードで、ボタンを押していない状態でのモーションイベントのボタン値を 3 から 35 へ変更した。
    • DECRQSS による文字属性の問い合わせで、応答の先頭に 0; を付加するようにした。
    • DECRQSS による文字属性の問い合わせで、Enable ANSI Color 設定がオフの時は応答に色属性を含めないようにした。
    • TERATERM.INI の Hosts セクションで、Hostに続く数字が飛んでいても続きを読むようにした。
    • マクロ
      • setpasswordコマンドを追加した。
      • ispasswordコマンドを追加した。
  • バグ修正
    • 名前付きパイプ: Oracle Virtual Boxの終了時、パイプの切断ができていなかった問題を修正した。
    • COMポートをデフォルト設定で保存できない問題を修正した。
    • YMODEM: 受信中に一時停止した場合、タイムアウトでNAKを送信していないため、再送できていなかった問題を修正した。
    • マクロコマンド send, sendln で、0x01 を含む文字列を正しく送れない問題を修正した。
    • ファイルを扱うマクロコマンドで、相対パスを正しく解析しないことがある問題を修正した。
      • 相対パスの基準が、マクロファイルになる場合と teraterm ディレクトリになる場合があった。この修正でマクロファイルを基準にするようにした。
  • その他
    • TTSSH(2.62)へ差し替えた。

TTSSH

2012.08.31 (Ver 2.62)

  • 変更
    • TERATERM.INI の Hosts セクションで、Hostに続く数字が飛んでいても続きを読むようにした。