Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2015-09-01 23:57
Tera Term 4.88

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.88.exe 12.86 MB 2015-09-01 23:55 186591
teraterm-4.88.zip 7.47 MB 2015-09-01 23:55 50374

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2015.09.01 (Ver 4.88)

  • Changes
    • When the color palette is changed and inquired with the OSC 4, the palette number(256, 258, 259) is treated as the highlight, blinking and reverse attribute color.
    • When the color is inquired with the OSC 4, OSC 10 and so on, the terminal character is matched to the requested character.
    • The all attribute color is resetted to the initial status with the OSC 105 ST.
    • added the button to open a configuration file to Setup directory.
    • MACRO: A dialog of the filenamebox and dirnamebox is on top of all the other windows.
  • Bug fixes
    • When the port number is not 23 on local connection, the Cygwin connection starts by Alt+D(Duplicate session) key.
    • When the Meta key is set to left or right, the combination key with the Alt and the cursor/Insert/etc edit keypad can not work well in the KEYBOARD.CNF.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.74
    • added support for Microsoft Windows 10.

TTSSH

2015.09.01 (Ver 2.74)

  • Changes
    • added the "Hostkey rotation" entry on the "TTSSH: Setup" dialog box.
    • The host key rotation(derived from OpenSSH 6.8 or later) dialog is changed from MessageBox to DialogBox(same as Security Warning).
    • Minimal size of an acceptable group in a request of Diffie-Hellman group exchange can be specified.
      • added the GexMinimalGroupSize entry in the teraterm.ini file. The default value is 0.
    • The Arcfour series cipher algorithm is disabled by default in the Preferred cihper order.
    • An error number can be included in the error message regarding the X11 port-forwarding failure.
  • Bug fixes
    • added a workaround because the Tera Term 4.87(TTSSH 2.73) can not connect to a part of Cisco devices.
    • When the known_hosts file is updated by the host key rotation, an appliction fault will be occurred after the fingerprint display of the version dialog.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2d
    • upgraded PuTTY to 0.65

TeraTerm

2015.09.01 (Ver 4.88)

  • 変更
    • OSC 4 でのカラーパレット変更/問い合わせで、パレット番号 256, 258, 259 をそれぞれ高輝度/点滅/反転属性色として扱うようにした。
    • OSC 4, 10 等での色問い合わせで、応答の終端文字を問い合わせで使われた文字に合わせるようにした。
    • OSC 105 ST で属性色すべてを初期状態にリセットするようにした。
    • 設定フォルダ(Setup directory)に設定ファイルを開くボタンを追加した。
    • マクロ: filenamebox と dirnamebox によるダイアログボックスを最前面に表示するようにした。
  • バグ修正
    • localhostの23番ポート以外の場合、セッションの複製(Alt+D)でCygwin接続となる問題を修正した。
    • Metaキー設定をleftまたはrightに設定している時に、KEYBOARD.CNFで設定したAltキーとカーソルキーやInsert等の編集キーパッドとの組み合わせが正しく使えない問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.74)へ差し替えた。
    • 対応する動作環境にWindows 10を追加した。

TTSSH

2015.09.01 (Ver 2.74)

  • 変更
    • "SSH 設定" ダイアログにホスト公開鍵の更新(Hostkey rotation)を追加した。
    • ホスト公開鍵の自動更新(OpenSSH 6.8以降)の確認ダイアログを、ホスト鍵の確認(セキュリティ警告)ダイアログと同様のものに変更した。
    • Diffie-Hellman group exchange 鍵交換方式で、要求するグループサイズの最小値を指定できるようにした。
      • teraterm.ini に GexMinimalGroupSize エントリを追加した。デフォルトは0。
    • デフォルトの優先する暗号アルゴリズムの順で、Arcfour系の暗号が無効になるよう優先順位を変更した。
    • X11転送失敗時のエラーメッセージにエラー番号を含めるようにした。
  • バグ修正
    • Tera Term 4.87(TTSSH 2.73) で一部の Cisco の機器へ接続できない問題への処置を追加した。
    • ホスト公開鍵の自動更新によるknown_hosts更新後、バージョン情報のfingerprint表示で落ちる問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2dへ差し替えた
    • PuTTY 0.65へ差し替えた