Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2015-05-31 01:25
Tera Term 4.87

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.87.exe 12.85 MB 2015-05-31 01:24 186458
teraterm-4.87.zip 7.45 MB 2015-05-31 01:24 47319

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2015.05.31 (Ver 4.87)

  • Changes
    • added the Setup directory under the Setup menu.
    • MACRO: A macro file described in UTF-8 BOM can not report a syntax error.
    • MACRO: A numerical value can be specified at the filewrite, filewriteln macro command.
  • Bug fixes
    • The keyboard(CNF) configuration will be reset when a new connection is created.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.73
    • upgraded TTProxy to 1.0.0.21
    • upgraded TeraTerm Menu to 1.13
    • upgraded LogMeTT to 2.10.3
    • changed the domain name from SourceForge.jp to OSDN.

TTSSH

2015.05.31 (Ver 2.73)

  • Changes
    • added support for the host key rotation(derived from OpenSSH 6.8).
      • added the UpdateHostkeys entry regarding the server public key updating in the teraterm.ini file. The default value is disabled.
    • The /f=, /ssh-f= and /ssh-consume= command option can be read earlier than other option.
    • The group size that the key exchanging of the Diffie-Hellman group exchange method requests is increased to NIST SP 800-57 standards.
  • Bug fixes
    • A user can not connect to the OpenSSH 6.8 server.
    • When the 0(disabled line) is located at the front end of any algorithm(CipherOrder, KexOrder, HostKeyOrder, MacOrder and CompOrder), an application fault is occurred.
    • A command line option after ; can not be recognized as remark.
    • When the filename and password value contains a semicolon(;) by using the session duplication, the semicolon can not be quoted.
  • Misc
    • upgraded PuTTY to 0.64
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2a

TTProxy

2015.05.31 (Ver 1.0.0.21)

  • The /F= command option can be read earlier than other option.

TeraTerm Menu

2015.05.31 (Ver 1.13)

  • When the filename and password value contains a semicolon(;) on SSH connection, the semicolon can not be quoted.

TeraTerm

2015.05.31 (Ver 4.87)

  • 変更
    • Setup メニューに Setup directory を追加した。
    • マクロ: マクロファイルに UTF-8 BOM が付与されていた場合、Syntax error とならないようにした。
    • filewrite, filewriteln マクロコマンドに数値を指定できるようにした。
  • バグ修正
    • 新規接続すると読み込まれているキーボード(CNF)設定がリセットされる問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.73)へ差し替えた。
    • TTProxy(1.0.0.21)へ差し替えた。
    • TeraTerm Menu(1.13)へ差し替えた。
    • LogMeTT 2.10.3 へ差し替えた。
    • SourceForge.jpからOSDNへのドメイン変更に対応した。

TTSSH

2015.05.31 (Ver 2.73)

  • 変更
    • ホスト公開鍵の自動更新(OpenSSH 6.8)に対応した。
      • teraterm.iniに UpdateHostkeys エントリ(ホスト公開鍵の更新有無)を追加した。デフォルトはオフ。
    • /f=, /ssh-f=, /ssh-consume= コマンドラインオプションをほかのオプションよりも先に読み込むようにした。
    • Diffie-Hellman group exchange 方式での鍵交換で要求するグループのサイズを、NIST SP 800-57 での基準に合わせて増やした。
  • バグ修正
    • OpenSSH 6.8に接続できない問題を修正した。
    • 各種アルゴリズム(CipherOrder, KexOrder, HostKeyOrder, MacOrder, CompOrder)の一番先頭に0(disabled line)が来ると、アプリケーションが落ちる問題を修正した。
    • コマンドラインオプションの ; 以降がコメントとして認識されない問題を修正した。
    • セッションの複製時に引き渡すファイル名・パスワード値に ; が含まれるときにクォートされない問題を修正した。
  • その他
    • PuTTY 0.64へ差し替えた
    • OpenSSL 1.0.2aへ差し替えた

TTProxy

2015.05.31 (Ver 1.0.0.21)

  • /F= コマンドラインオプションをほかのオプションよりも先に読み込むようにした。

TeraTerm Menu

2015.05.31 (Ver 1.13)

  • SSH セッションの開始時に引き渡すファイル名・パスワード値に ; が含まれるときにクォートされない問題を修正した。