Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2014-11-30 00:28
Tera Term 4.85

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.85.exe 12.81 MB 2014-11-30 00:26 181373
teraterm-4.85.zip 7.41 MB 2014-11-30 00:26 49068

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2014.11.30 (Ver 4.85)

  • Changes
    • added support for the pause time while the break signal is sending to the serial port.
      • added the SendBreakTime entry in the teraterm.ini file.
    • The Alt+D and Alt+I accelerator key can only be worked on the VT window.
      • added new optional setting that can disable accelerator key of New Connection.
    • added AcceleratorNewConnection entry to teraterm.ini.
    • added new optional setting that can disable accelerator key of Cygwin connection.
      • added AcceleratorCygwinConnection entry to teraterm.ini.
    • added the 3rd argument to specify the initial directory at the filenamebox macro command.
    • added the 4th argument to open a text file for reading at the fileopen macro command.
  • Bug fixes
    • The language file will not be shown in the General setup.
    • When the connect macro command is failed, the command will be failed again.
    • The floating point number can not be specified in the sprintf, sprintf2 macro command.
    • The character width and precision specifying of the format style can not use the * character in the sprintf, sprintf2 macro command.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.71
    • added the Traditional Chinese.lng language file. Special thanks to Wei Yan.
    • added support for 64bit Cygwin connection automatically.
    • removed the 64bit cyglaunch.exe program.

TTSSH

2014.11.30 (Ver 2.71)

  • Changes
    • Changed the SSH disconnection sequence.
  • Bug fixes
    • When the SSH host key is replaced to another key, an application fault occurs.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.1j

TeraTerm

2014.11.30 (Ver 4.85)

  • 変更
    • シリアルポートで SendBreak を送出する時間の長さを設定できるようにした。
      • teraterm.ini に SendBreakTime エントリを追加した。
    • アクセラレータキー Alt+D と Alt+I が VT ウィンドウでのみ反応するようにした。
    • New Connection のアクセラレータキーを無効にできるようにした。
      • teraterm.ini に AcceleratorNewConnection エントリを追加した。
    • Cygwin connection のアクセラレータキーを無効にできるようにした。
      • teraterm.ini に AcceleratorCygwinConnection エントリを追加した。
    • filenamebox マクロコマンドに初期ディレクトリを指定する引数を追加した。
    • fileopen マクロコマンドに読み取り専用でファイルを開くオプションを追加した。
  • バグ修正
    • General setupに言語ファイルが表示されないことがある問題を修正した。
    • connect マクロコマンドで接続に失敗したあと、再度接続できないことがある問題を修正した。
    • sprintf, sprintf2 マクロコマンドに浮動小数点数を渡せない問題を修正した。
    • sprintf, sprintf2 マクロコマンドの書式指定の文字幅指定と精度指定で * が使えない問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.71)へ差し替えた。
    • 言語ファイルに中国語(繁体字)(Traditional Chinese.lng)を追加した。Wei Yan氏に感謝します。
    • 64bit Cygwinへの自動接続に対応した。
    • 64bit版cyglaunch.exeの同梱をやめた。

TTSSH

2014.11.30 (Ver 2.71)

  • 変更
    • SSH切断シーケンスの処理を変更した。
  • バグ修正
    • SSHホスト鍵の置換時、Tera Term(TTSSH)が落ちる問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.1jへ差し替えた